アシアキ日記

アシアキ日記

趣味、生活、お金の役立つ情報満載!

【ダイエット】アシモン流チートデイ!

どーも、アシモンです(^^)

 

みんな大好きチートデイ。

 

やってみたいけどいまいちやり方がわからない人、やってみたけどうまくいかなかった人いませんか?

 

今回は、私のチートデイのやり方を紹介します!

 

目次

 チートデイの注意点

悔いがないようにしっかり食べる!

これが意外と大事です。

 

理由は2つあります。

 

1つは、しっかり食べないと代謝が戻りません。

 

炭水化物でいうと体重×12gが1つの目安みたいです。

 

体重60kgの人だと720gになりますので、白米でいうとだいたい6合以上ですね。

 

そしてもう1つは、「食べたい」という欲求を払拭するためです。

 

そこそこ満腹くらいですと、その場では満足かもしれませんが、その後早くお腹が空くことになります。

 

また、食べようと思ったいたけど満腹で残したものがあると、空腹になったときに「食べたい」欲求が出てきてしまいます。

 

チートデイ後でもしばらく食欲が復活しないように、きっちりと食べておきましょう。

 

1日1食限定

これは人によると思いますが、私は1日2食食べてしまうと経験上体重が戻らなくことがわかっています。

 

1食で5000kcalくらい食べられるのでw

 

ですので、1日1食の間にできるだけ食べるようにしています。

 

次の日の食事は減らさない

こちらも重要な項目です。

 

チートデイの次の日はお腹いっぱいですし、体重も増えているので、つい食事の量を減らしがちですが、それだとまた代謝が下がってしまいますし、なにより食欲が戻るのが早くなってしまいます。

 

チートデイ後の満腹感を少しでも保つことで、減量中の空腹感をなるべく誤魔化したいのです。

 

多くても週に1回

当たり前ですが、チートデイと言うだけあって相当オーバーカロリーとなっていますので、頻度が高すぎると当然太ります。

 

1日でたくさん食べられない人が2日に分けるのはよいですが、何日も連続でたくさん食べるのは、もはやバルクアップですw

 

チートデイでよく食べるもの

和菓子

和菓子は脂質が少なく、炭水化物が大量にとれるためオススメです。

 

私の場合は、ただ和菓子が食べたいだけなんですけどw

 

一応注意点として、月餅のように実は脂質の高いものもありますので、購入前に成分表は確認しましょう。

 

白米

こちらも脂質少なめ炭水化物多めの代表。

 

私は基本的にチートデイといえば和菓子、口が甘くなってきたら塩むすびですねw

 

まとめ

いかがでしたか?

 

減量中の味方、チートデイ。

 

やると決めたらとことん食べる、しっかり食べて終わったら切り替える。

 

オンオフをしっかりして、チートデイを減量の味方にしましょう!

 
プライバシーポリシー