アシアキ日記

趣味、生活、お金の役立つ情報満載!

MENU

【弓道】アシモン、弓道初心者講習五回目だってよ

どーも、アシモンです(^.^)

 

前回に引き続き今回も雨。

 

朝から土砂災害の警報で目が覚めました。

 

道中気を付けながら、初心者講習五回目行ってきます!

 

本日の内容

講習五回目、手の内がとにかく治らない

手の内がとにかく上手に作れません。

 

どうしても弓を握りすぎてしまうのと、親指を平らにすることができず何度も指導されてしまいました。

 

先生のご丁寧な指導のお陰で、なんとか打ち起こしまでは手の内をキープできるのですが、ひきわけに入ったとたん握ってしまう…

 

とにかく、反復練習あるのみということです。

 

本日教わったこと

本日は特に新しいことを教わったわけではなく、以前から指摘されていたことを繰り返し確認していただきました。

 

  • 手の内で力を入れすぎず、親指の付け根の部分が地面と平行になるようにする。
  • 弓は地面と垂直、矢は地面と平行になるよう、十文字を意識する。
  • 矢をつがえたときにちょうど矢じりどうに来るように弓を持つ。

 

出来の悪い生徒で申し訳ない。

 

アメリカからの見学者が!

本日は、なんと見学者の方にアメリカ出身の方がいました。

 

必死のカタコト英語で会話したところ、日本には来たばかりで、たまたま弓道のことを知って見学に来てくださったそうです。

 

特に理由はないですが、私は海外の人が日本の文化に興味を持ってくれると、とてもうれしく感じます。

 

とても優しい方で、私が英語勉強中であることを伝えるとサポートするからとライン交換してくださいました。

 

強いて本日学んだ新しいことがあるとすれば、アメリカではフォーマルな言い方で名刺を動詞のように使うことがあるらしく、「googleで調べた。」は 「I googled.」と言ったりするそう。

 

「メッセージを送る。」は 「I send a message.」が一般的ですが、「I messege to you 」でも伝わるよと教えていただきました。

 

ただし、とてもフォーマルな言い方なので、ビジネスの場面では使わないでねとのことです。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

本日は弓道の難しさと奥深さを痛感した一日でした。

 

特に手の内...

 

でも、楽しいので、少しずつでもうまくなれるように頑張ります!

 

 

 

プライバシーポリシー